スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDガンダムカプセルファイター

サクサク遊べるSDガンダムTPS

SDガンダムカプセルファイター

お馴染みガチャガチャで、モビルスーツユニットをゲットして戦うTPS(三人称視点でのシューティング)ゲームです。
登場するユニットは300種類だとか。ユニコーンガンダムまであるとはなかなか。。

ちなみに課金も可能ですが、基本的にはゲーム内の通貨で充分強力なモビルスーツが手に入ります。 
SDGCF-45.jpg

早速、ミッションクリアと昇進のボーナスをガチャガチャ用のコインと交換してみました。
んで、ポンッ☆と生まれたのがこいつ。

ブルーフレームさんです。
強力なバズーカで、中-長距離からボカスカ狙い撃ちできるのが楽しい。
ちょっとくらい狙いが外れても爆風でダメージが入ります。
SDGCF-46.jpg 



SDGCF-49.jpg


ほんと、いろんなガンダムがおりますなぁ。
SDGCF-47.jpg 

ガチャガチャとかミッション報酬でゲットした我がモビルスーツたち。
アッガイ、めんこうのぅ。
SDGCF-48.jpg 

1ミッションは5-10分程度で終わるので、ほんとサクサク遊べます。
プレイヤー人口も多く、自分でミッションロビー立ててもすぐに埋まります。
SDGCF-50.jpg 


プレイはこちらから。無料。
SDガンダム カプセルファイター オンライン

勇者百年計画

文字と数字だけのむき出しで充分楽しいダンジョンRPG

勇者百年計画 というフリーゲームにハマった。。
気分的には嵌められた感じがするんですが。(良い意味でね♪)

いや、だってさ。数字と文字だけでストーリーとか物語の背景とかも全然語らないゲームって、、、なんというかむきだし。
そう!むき出しなの!!そんなにむき出しなやつにかれこれ10時間くらいはまったの。

・・・オネエ言葉はもういいぜ。
結局は数字遊び、というかルーチンワークなゲームといってしまえば元も子もないんですが、こいつは面白い。

一応、ゲームの目的は迷宮の攻略で、より深い階層を目指すことに尽きます。
プレイヤーは、迷宮探索をする「勇者」を育てる学校を経営し、学校を卒業した勇者を部隊編成し、より深い階層へ探検させます。

たぶん、物語の背景というかストーリーはゲームの題名に凝縮されていると思われます。

↓迷宮探索の画面。プレイヤーの頭の中では、育て上げた勇者達が死闘を繰り広げる様が映像となって変換される仕様。
yu100-40.jpg 

↓コチラは政略画面。主な行動は、画面の通り。
勇者を教育する学校の経営も大事な要素です。迷宮探索で傷ついた勇者を治療するために医務室をアップグレードしたり、勇学生(まだ勇者としてデビューしていない学生)の能力向上のために、期末テストを設定したりと、学内でやることもいろいろあります。
yu100-41.jpg 

部隊に迷宮探索を指示すると、こんな画面に切り替わり、探索する階層と撤退条件を指定できます。
探索時の目標も、経験UP・財宝収集・全滅部隊救出など選べます。ちなみに部隊が全滅すると救出するまで行動できないため、難易度の★は2-3までに抑えておくと安心です。
yu100-42.jpg 

探索時は、画面にいろいろメッセージが出てくるので育て上げた勇者達の戦う様を脳内変換します。
「この核爆発トラップ解除はオレに任せろ」 
 「OK!任せたぜジョリー!」
  「うおはぁ!? しくじった!やばい、逃げろ!」
   「え?なに」 
    ・・・・・・・・・・
     ★★★ドッカーーーーーン★★★ ⇒ 全滅
  とかね。
yu100-43.jpg 

ちなみにこのゲーム。
終わりが無いです。。。

なので、自分なりの目標を定めてやりました。
まぁ、100年計画なので”ゲーム内時間100年以内に100階まで攻略!”で。。(この目標、難しいのか簡単なのか全然わからんですが多分簡単。。)

↓こちらが目標達成直前の探索方針設定画面。
yu100-01.jpg 


はい。
達成。。
yu100-02.jpg 

んー。終わり!100階いった!
すんげー面白かった!初期ドラクエ世代の自分にとっては、充分楽しい戦闘シーンも見られた気がします。
yu100-03.jpg


なのより、このゲームの醍醐味は、まさに「育成」です。
大事なのは、より素質のある新入学生を入学させるために名声を高く保つこと。
教育環境を充実させること。⇒施設拡張も大事ですが限界があります。伸びしろの無くなった優秀な勇者は探索から外し、教員にすることが、次の世代につなげるために超大事です。これらの教員に教わった勇者は前世代よりも、強力な勇者として育ち、より深い階層を探索できるよう逞しく育ちます。

そうやって、少しずつ人材を育てる楽しさが味わえました。
自分はベクターからDLして遊びました。
↓↓URL↓↓
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se445498.html

雇われない生き方って
TポイントとPonta戦争

ヴァーレントゥーガ

ヴァーレントゥーガ

ヴァーレントゥーガというフリーゲームが面白く、ハマりました。

ターン制のシミュレーションゲームで、群雄割拠する大陸を統一することが目標。
vahren-20.jpg 


ゲームスタート時に、自国を決定できます。
国によって、人材や扱えるユニットが異なります。
vahren-21.jpg 

こんな感じ。
レオーム家では、ソルジャーとボウマンが基本ユニットです。ちなみに、弱い。。
vahren-22.jpg 

各国との外交次第で、友好度を上下させたり同盟することも可能。
vahren-23.jpg 

敵国に攻め込んだり、攻め込まれたりすると戦闘が発生します。

んで。
戦闘が楽しいんですなぁこれが。
vahren-24.jpg 

戦闘はリアルタイムで進行し、陣形や配置などを指示できます。
弓兵は距離をとって攻撃し、戦士は突っ込む。力自慢の人材は好きに暴れてもらうとか、全自動でコンピュータへ指示を任せることもできます。まぁ、お好みでどぞどぞ。
vahren-25.jpg 


人材と呼ばれる指揮官キャラは、強力なスキルを持っているので、敵の密集しているところへ強力な一撃をぶっぱなすと、戦況が一変、敵軍を壊走させられたりします。人材を含め、全てのユニットにはレベルがあり、戦闘を重ねるたびに経験値を得てつよーくなっていきます。

通常のユニットは、一度死ぬとレベルが上がっていても復活できませんが、人材キャラは何度でも使えます。どんどん使ってパワーアップさせるのが、かなり面白い。
vahren-26.jpg 

シナリオも多く、MODも出ているので無料なのにかなりやり込めるオススメゲームです。

恐らく最新版がDLできるURLはこちら。
http://www.freem.ne.jp/game/win/g02333.html

悪意の受益者って
無料オンラインゲームと無料ブラウザゲーム

雑記

東京ガスストーリーのCM

東京ガスストーリーのCM

当ブログの主旨とは全然関係ないんですが、東京ガスストーリーのCMがステキな出来だったので貼っておきます。
各動画の最後に選択を迫られます。それによってストーリーが分岐するので、Happy End 目指してチャレンジしてみてください。(まぁ、全ストーリー見るにはあり得ん選択肢を選ぶことをオススメします)
首都圏外だとCM流れないと思うので見たこと無い方はお試しあれ!



まぁ、ある意味ゲーム?

※ちなみに私は関東圏外のため、Youtubeで知りました。

雇われない生き方って
TポイントとPonta戦争
引越し

Mount and Blade

Mount and Blade: Warband 【第二十話】国王 雷電仏像

Mount and Blade: Warband 【第二十話】国王 雷電仏像

さて、雷電仏像の王都がうまれたわけですが。
MB20-60.jpg


大臣はとりあえず、地元メンバーから選出。
優秀な戦闘要員は残しておきたい。
MB20-61.jpg

で、王国名。
デフォルトでいきます。「雷電仏像王国」ステキじゃないか。
MB20-62.jpg


そうして、雷電仏像王国の世を満喫していると、ページャーの王自ら奪還の兵を向けてきました。
それにしても、敵多いナァ。。。またモグラ叩きか。
MB20-64.jpg


守兵は弓で応戦。
MB20-65.jpg


雷電仏像はモグラ叩きで応戦。
MB20-66.jpg

あれ??
足を踏み外し場外の乱戦に巻き込まれる。
絡んできた敵兵はジリジリ下がりつつ駆除します。
MB20-67.jpg

息切れしながら城の守備に戻ろうとするも敵の増援が到着。
MB20-69.jpg



ワラワラと囲まれ、そして無残。。。
雷電仏像はありえない角度で崖にポイされました。
MB20-70.jpg


ポイされた雷電仏像を部下に回収してもらい、仕切りなおし。
体力はカツカツですが、次は慎重に守備します。
MB20-71.jpg

体力限界のため、あとは部下に任せて防衛成功。
あまり前に出すぎるもんじゃないですね。危ない危ない。。。
MB20-72.jpg 


そして無事、ドゥラムグ城を防衛しきった後には、付近のリンダヤール城も陥します。
何か薄暗いね。
MB20-73.jpg 

それほどの抵抗も無く落城。
MB20-74.jpg

さてさて。
付近のリンダヤール城からの税収も加わり、収入はプラスに。
MB20-75.jpg 


一応の足がかりは手に入れたので、次は商売の盛んな都市をゲットしたい。
ということで、お次はレイヴァン。
MB20-77.jpg


レイヴァディンには守兵が多く、中から守備兵が迎撃に出てきました。
フハハン♪ かかってきんしゃい。
MB20-78.jpg


で、なんやかんや出撃してきた守備兵は撃退し、攻城戦開始。
ページャー兵はなんとなくヤワい印象でした。スパスパ斬られてくれます。
MB20-80.jpg


そして、勝利。
MB20-81.jpg

ずいぶんサツガイしたな。。
MB20-83.jpg


王都をゲットした雷電仏像、今後の版図拡大にワクワクしている様子。
とりあえず、版図が広くなるとそれだけリャクダツされまくるんですが、それはとてもイヤなことなんだ。

引越し
みんな利息払いすぎ
悪意の受益者って
無料オンラインゲームと無料ブラウザゲーム

プロフィール

Majesty2

Author:Majesty2
リアルタイムストラテジーゲーム「マジェスティ2:ザ ファンタジー キングダム シム(Majesty 2)」のキャンペーンシナリオを、1面から全てクリアしていきます。
途中で更新止まっていたら、苦戦中だと思ってやってください。。

アドバイスなどありましたら是非コメントください!

初回の方は【はじめに】よりご覧ください。


【第一回】Royal Advisor's Mansion
【第二回】The Engine of Commerce
【第三回】The Great Towers
【第四回】The Baron's Bill
【第五回】Shadow of the Past
【第六回】The Royal Feat(その1)
【第七回】The Royal Feat(その2)
【第八回】The Big Trouble
【第九回】Mortal Foibles of Kings
【第十回】Life and Death
【第十一回】Trouble with the Afterlife
【第十二回】Trouble with the Afterlife<つづき>
【第十三回】The Gold of Chyort(その1)
【第十四回】The Gold of Chyort(その2)
【第十五回】Bloody Offenses
【第十六回】Bloody Offenses<つづき>
【第十七回】Pretenders to the Throne(その1)
【第十八回】Pretenders to the Throne(その2)
【第十九回】The Demon's Advisor
【第二十回】The Return of His Majesty(その1)
【第二十一回】The Return of His Majesty(その2)
【第二十二回】The Return of His Majesty(その3)
【第二十三回】The Return of His Majesty(その3)<つづき>

ブログ内検索

カテゴリ

最新記事

AUTO LINK

リンク

相互リンクについて

相互リンクは大歓迎です

・サイト名
・サイトURL
・サイト説明文

を明記いただき、以下メールフォームよりご連絡ください。

  • メールフォーム

  • ※cgiがうまく動かないことがあります、エラーとなる場合は以下メールアドレスよりご連絡ください。
    inquiry@kckidz.com

    記事のコメントでご連絡いただいてもOKですが、気づくのがちょっと遅れると思います。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。